Monthly Archives for March 2021

駐車料をぼったくられる

土曜の朝買い物にでかけて最後に寄ったウエストゲートで事件は起きた。カルフールで買い物しているとドライバーから電話がかかってきた。係員に駐車料金を払えと催促されたので*647#をコールして手続きに従って払ってくれとのこと。わかったといって電話を切ったが、代金が200シリングと一般的な料金の4倍くらい高いことに疑問を持った。再度ドライバーにかけ直し、ウエストゲートの駐車場に止めたんだよね?と確認するとそうだと言う。なぜか早く払わないといけない理由があるらしいので、伝えられた番号にコールして手続きを進めようとすると、3,000シリングという請求額がでてきた。どう考えてもおかしい金額だし、ナンバープレートを入力せよというダイアログで数字を入力させるキーパッドが起動してしまってナンバープレートのアルファベットを入力できない。ドライバーに不具合で払えない旨を伝え、駐車場の現地で払うことにした。 その後レジで支払いをしていると、レシートとは別にバーコードのついた紙をくれた。これを機械でスキャンすれば駐車料金が無料になるらしい。買い物して駐車料金が無料になるのなら200シリングを急いで払わないといけなかった理由はいったい何なのだろうか。ドライバーに連絡すると、車を動かせないので徒歩でくるとのこと。ウエストゲートの構内ではなく向かいの駐車場に止めたらしい。歩いて駐車場に到着すると、黄色いベストを来た係員の女性がいる。 (経緯が長くなって書ききれないので結論のまとめ) 駐車場はウエストゲートではなくカウンティの所有だった。駐車無料バーコードは使えなかった。 駐車後30分以内に200シリングをMpesaで払う必要がある。現金は受け付けない。払わないとタイヤをチェーンでロックする。買い物を終えて駐車場に戻ってきた時点でほとんど残り時間はなかった。 Mpesaで払うプロセスで車のナンバーを入力しないといけないが、システムのバグでキーパッドが表示されてしまいアルファベットが入力できない。おばさんにシステムがバグっていて払えない旨を伝えると、お前は嘘を伝えて時間を引き延ばそうとしていると、取りあってくれない。本当だから話を聞いてくれと押し問答をしているうちに駐車から30分が経過してしまい、延滞料金の2000シリングが追加された。 駐車料金徴収のおばさんは停める人たちに終始喧嘩を売っていた。おばさんからの執拗な罵倒にキレて運転席から飛び出し、つかみかかろうとした若いケニア人男性は料金を払わず解放されていた。 そもそもこのおばさんは本物の職員なのか?周囲の人をつかまえては罵倒を繰り返すなど、まともな勤め人の対応ではないだろう。ウェストゲートまで戻って警備員に助けを求めに行くと、うちの管轄ではないからと一蹴された。 結局駐車場の近くにいたインド人っぽい人たちに頼んで彼らの携帯からMpesaで2200シリングを代理で送金してもらい、同額を現金で彼らに渡した。彼らの携帯だとアルファベットは入力できていた。携帯の機種がシステムに対応してないから罰金を払わされるというのは全く納得がいかない。なぜシステムの不具合のつけをユーザが払わされないといけないのか、意味がわからない。 後で調べてみた感じだと、おばさんが本物の雇われスタッフであることは間違いなさそうだが、対応がメチャクチャなので気をつけたほうがいい。

27. March 2021
Categories: Nakuja project | Leave a comment

N-1モータ燃焼試験(2nd trial)

まとめ 推力400gf(1月: 70gf, 3日前: 200gf)なので、着実に推力が上がっている 理論上の推力は~2,000gfなので、まだ1/5程度しか性能がでていない 2回点火が不発に終わったが、イグナイタの修正時にノズルのスロート径を広げた可能性がある。OpenMotorで計算してみたらスロート径5mmが6mmに増加すると(20%の増加)、ピーク圧力が30%程度減少することがわかった。燃焼室圧力の減少はすなわち推力の減少につながる。 点火システムの改良が望まれる(ニクロム線や火花点火など。モデルロケットのスタータを参考) パイロットランプなど、作動状況のモニタリングができると良い。リモコン信号の到達レンジも可視化したい。

25. March 2021
Categories: Nakuja project | Leave a comment

N−1モータ燃焼試験

まとめ モーターケースが飛んでいった(バルクヘッドの保持力が不十分なのが原因→Manufacturing error) 最大推力は瞬時値で200gf。前回のグレイン(Castingしなかったもの)では70gfだったので、3倍弱程度の推力増加となる。 点火システムの改善が必要。最初の点火が不発に終わった。 アクリル板で遮蔽してて良かった。。。😱

23. March 2021
Categories: Nakuja project | Leave a comment

家の内見

新しい家探しをしてみたところ、ケニアでの家の内見にハードルがあり大変だったのでメモ。大変だったのは探しているエリアが理由で、普通はもっと簡単に見つかるのかもしれない。ちなみに家探しの途中で現在の家を移る理由がなくなってしまい、内見の次の段階には進まなかった。 家はギギリの辺りで探していた。不動産のウェブサイトで物件に照準を定め、エージェントに連絡する。1件目は後で連絡すると言われて電話を切られ、その後音沙汰がない。2件目はアポがとれたが、内見後に2000シル払えと言われたので断った。3件目は問題なくアポが取れたのでギギリで待ち合わせ。しかし約束の20分前にSMSが入り、オーナーがちょうど物件にサインしてしまったと言われてドタキャンになった。この時点で内見することすら難しいのではという疑念が頭をよぎる。ドタキャンした業者からはお詫びに別の物件を紹介すると言われた。 一週間後、別の業者のアポがとれたので朝一でルンダに向かう。案の定30分前に電話がかかってきて、鍵を管理している人と連絡がとれなくなったと言われ、これもキャンセルに。本当にどうなっているんだ。午後には先週ドタキャンされた業者と待ち合わせしているが、これもドタキャンになるのではと疑う。待ち合わせ場所の近くでランチを食べていると、業者からSMSがあり「今日の予定ってまだ生きてるよね?」と確認される。前日の夜に予定した用事を次の日に確認する必要があるとは、どれだけドタキャンが常態化しているんだろう。また後でと返信し、待ち合わせのガソリンスタンドに向かった。ガソリンスタンドで業者で落ち合うと、自分の車を後ろからつけてこいと言って内見予定の場所に連れていってくれた。 内見予定の場所に行ってみると、なぜか人(と車)がたくさんいる。「なんでこんなに人がいるの?」「もしかして複数グループで一緒に内見するのか?」などと不思議に思うも、車を降りて談笑中の輪の中に入ってみる。輪の中心にいたのがこの物件のオーナーで、他は不動産屋と家の補修業者だった。不動産屋は一人だと思っていたら、全員で4人来ていた。オーナーはいい人で、この物件には大使館関係者が以前によく住んでいたらしい。セキュリティがかなり厳重なのが印象的だった。ここは銃を保管する場所だと言われて、住む世界が違うことを実感。家賃は24万シル(交渉可)とのことだった。 業者はこの家だけではなく、結局3つの物件を案内してくれた。状況が動かないときは全くどうしようもないが、いったん動き出すと一気に事が運ぶというのはなんともケニアらしい。一つの家はプールつきの大邸宅だったが、セキュリティが手薄なのが気になった。前に住んでいた人は警備員として昼のシフトに3人、夜のシフトに5人の計8人雇っていたそうで、たまげた。最後に見た家は30万シルで28万まで下げられると言われたが、いずれにせよ完全に予算オーバーである。 物件の最後には、もしかしたらと思っていたが、内見料を要求された。物件の内見だけで金を取るとはすごい商慣習である。先週のアポで待ちぼうけを食らわされた上に、別の物件を見せると呼びつけたあげく金をとるのか、という気もしなくもない。まあこれだけ見るのが大変だと、4件まとめて見せてくれたのはありがたかったこともあり、2000シル(これは前述の業者の言い値を参考にした)を渡したところ、特にこじれなかった。面白い経験にはなったので良しとする。

22. March 2021
Categories: 日常 | Leave a comment

ロボコン

ケニアでは長崎大学が支援して高校生向けにロボコンを開催している(最近の開催は2019年)。昔はJICAも支援していたらしい。 前回のKICCでのロボコンを見てJKUATもぜひ参加したいと思った。前回大会の観戦時には、「見てて少し地味だな〜」と感じたので、もう少し派手な見せ場のあるコンテストにしてJKUATでホストしたい。これも同僚に相談してみることに。

18. March 2021
Categories: 未分類 | Leave a comment

大学の研究シーズのインキュベーション

JKUATで常々やりたいと思っていることの一つに、大学発ベンチャーを生むメカニズムの構築がある。大学には産学連携を担当する部署があるが、日本の大学のインキュベーションセンターのようなプログラムなどは提供されていない。 ちなみにKUという近くの大学にはインキュベーションセンターがあるので、どのような活動をしているかを見学させてもらおうと元同僚経由でアポをとっている。 ケニアでは卒業時の学生の就職率が低いが、大学で学んだ知識を生かして起業に結びつけることができれば一つの理想だと思う。有望な学生たちをどのように支援できるかを探るために、学内の学生ベンチャーの状況を調査することにした。起業準備中の学生1名にヒアリングをしてみたところ、芋づる式に起業中 or 起業志望の学生を紹介してもらえたので、今後の作戦を考えている。

18. March 2021
Categories: 未分類 | Leave a comment

留学セミナー

北海道大学のアフリカオフィスの方の招待で、日本の工学部での教育について短い紹介をさせていただいた。糸川英夫先生の例を引き合いに、工学における創造的なアイディアの重要性などについて話した。聞くところによれば聴衆の反応も良かったそうである。

18. March 2021
Categories: 未分類 | Leave a comment

事故に遭う

朝ティカロードでナイロビ方面に向かっていると、バイクが追突してきた。軽い衝撃とともに、部品が道路に散らばる様子が目に入る。姿勢を崩したバイクドライバーと一瞬目が遭うも、ドライバーは止まらずに逃走。当て逃げされる事故に遭った。 警察で事故のレポート(アブストラクト)を発行してもらい、保険会社にクレームを提出しに行った。警察署で会話していたケニア人いわく、バイク運転手が逃げて良かったね、とのこと。なんで?と聞き返すと、警察署でゴネて逆に金払えと言われたり、迷惑することも多いらしい。バイク運転手はライセンスを持っている人も少ないらしいので、事故時に逃げるのはきわめて一般的だと別のケニア人も言っていた。 さて、保険会社では窓口の人が修理業者からの見積もりがないと受付できないと勘違いしており、当日はクレームを受理してもらえなかった。事故状況の査定でやりとりしていた別の保険会社のスタッフのやりとりで窓口の人の勘違いが発覚し、後日改めてクレームを提出しにいった。どれくらい補償されるのだろうか。

11. March 2021
Categories: 日常 | Leave a comment

ミネラルウォーター

とある事情でケニアで販売されているミネラルウォーターのフッ化物の含有量が気になったので調べてみた。 Brand mg/L Tree Top 0.02 Planet aqua 0.07 Maisha 0.22 aquamist 0.29 Grange park 0.42 Safari King 0.46 Highlands 0.5 Keringet 0.62 Mt. Kenyan 0.7 Waba 1.1 Aquaclear N/A 表. フッ化物含有量 ものによってかなりバラツキがある。 ちなみに水道水について。水道セクターの関係者からの情報によれば、ケニアやエチオピアは地下水のフッ化物の含有量が多いが、ナイロビの水道水は既定値に抑えられているとのことだった。

06. March 2021
Categories: 日常 | Leave a comment

作戦開始〜キックオフミーティング

本日はインターンの学生6名を集めてキックオフミーティングを開催した。これから学生たちは各担当部門に別れて8週間を共に過ごすことになる。

03. March 2021
Categories: 未分類 | Leave a comment