Monthly Archives for March 2016

可能性と不安

昨日は夜が遅かったが、8時過ぎに起きるとベンと話していて思いついたオンライン決済のアイディアを考えていた。口座と連動したモバイルマネーはあるのだろうかと思い、ガーナに住む人々に尋ねてみる。 また、クマシでアドさんと話していたときに、彼が電力計が欲しいと入っていたことをふと思い出した。 考えてみれば電力を測定することでおおよその電気代を知ることができるのだから、工場だけでなく、家庭でもニーズがありそうだ。手持ちの素材で電力計が作れないか調べてみる。 部屋で作業していると、ラティーフが早くラボに来いと連れ出しに来る。ラボに行くと次から次へと話しかけられて、作業が進まないのだが、まあ仕方がない。 ラボに着くと、ラティーフがLEDの看板を光らせるプログラムでつまづいているようだったので、コードを見て修正する。 そうしていると、スティーブンがラボの管理について話があるという。自分が以前持ってきたArduinoがなくなっていることや、機材の使い方の知識の継承がなされていないという点だ。 スティーブンに伝えると、エマニュエル先生にも話が行って、モデラの使い方をちゃんと共有せよという話になった。 トップダウンで指示がないと動けないのは、なかなか残念なことではある。また、自分の経験で言うと、指示があっても実際に動き出すのには時間がかかるだろう。 スティーブンにも3Dプリンタを含めた一通りの機材を教える必要があるだろうとも思う。今年の7月から9月は学校が休みとのことなので、その時期にUbuntuやModela、3Dプリンタの使い方を教えられたらと思う。インターネットがあるのだから、検索してどんどんやってほしいと思うのは酷なのだろうか。ドキュメンテーションの必要性を痛切に感じる。 ちなみに自分に頼まれたが持ってこれなかったレーザーカッターのミラーについては、なんとエピローグから無償で2個送られてきたらしい。MIT側は最初代金を払う予定だったそうだが、シェリーと連絡がとれなくなり、ダグラスがシェリーをCCせずに直接エピローグにリマインドしてみたら、すぐに送ってくれたとのことだ。なかなか粋な会社である。 また、ラボには3Dプリンタを修理してくれとばかりに、ケースから出されたPrusa i3が置いてあった。コントローラ基板を入れ替えるが、反応がない。ファームウェアを入れかれるとシリアル通信はできるようになったが、どうやらサーミスタからの信号をうまく読み取れていないようで、エラーが出ている。 交換が必要と判断し、明日アベル先生にサーミスタを提供してもらうことになる。 アベル先生については、持ってきた物品の手渡しと、代金の回収はスムーズに行うことが出来た。 全額をそろえて持ってきてもらったが、なぜ態度が急に変わったのか、と聞かれると、スティーブンに聞いたとは言えないので、適当にはぐらかすしかない。 自分はそこまで彼に貪欲さを感じないのだが、スティーブンたちは不公平だと感じているのだから、今回の対応は仕方ないと言える。次回からは銀行の送金を使ったほうがいい、というふうに提案してはおいた。 ラボで3Dプリンタの復旧作業を続けるていると、どこかで見たおじさんがやってきた。誰だっけ、と思っていると、スティーブンがこの方を覚えてる?と尋ねる。どこかでお会いしたような、というと、アブーと一緒に渦電流分離器のローターを切断しに行ったスピーカー会社の社長さんだった。ラボに来ているのを初めてみたので驚きだった。 自分が修理している3Dプリンタに興味をもったようで、もう一台作ったら自分に売ってくれという。彼はもともとファブラボでCNCの存在を知って自分の会社に導入してビジネスを広げた人だ。今回も3Dプリンタを使って何かをやってくれるかもしれないと、期待が広がる。彼の会社の人々や息子のフランシスに使い方を教えるのも、可能性がありそうだ。 夕方になって仕事を終えてスティーブンとラボの現状の話していると、依然として校長先生やアカウンタントのファブラボへの目線は厳しいとの話を聞く。驚いたのは、例えば今ファブラボで提供しているレーザーカットの代行で100セディ儲けたとすると、80セディは学校に持っていかれるということだ。理由を聞いてみると理解しかねるが、無料で電気使ってるのだから、その分よこせとのことらしい。年貢以上の圧政である。 他にも各学校にガーナ政府から42台ずつ小型のラップトップ(ネットブック)が支給されたそうだが、校長が棚に隠し持っていて生徒が自由に使うことはできず、さらには半分以上を紛失したと言っているとのことだ。スティーブンの見立てでは、現校長は定年後に自分の学校を建設するという野望があり、そのラップトップを自分の学校に持って行きたいのではないか、ということである。金にうるさくTTIからお金を巻き上げているのも、それが理由ではとのことだ。完全に狂っているが、自分にはどうしようもない。その後の迫害を恐れて、誰も内部告発できない状況のようだ。 あと2年は現在の校長が君臨するようで、じゃあその後はエマニュエル先生が校長になるのかと尋ねると、なんとエマニュエル先生は今年の5月で定年退官だそうだ。なんということだろうか。ファブラボの盾となってくれていたエマニュエル先生を失えば、上からの締め付けはさらにひどくなると予想される。厳しい期間がやってきそうだ。

10. March 2016
Categories: FabLab | Tags: , | Leave a comment

新しいビジネスへの期待

朝ホテルで、ベンとスタートアップやらについて話をしていると、もしチームと資金があったら、ガーナで一番やりたいビジネスは何かと聞かれる。 自分の理想はFabLabの中にメイカースペースとインキュベーションスペースの2つを作って、スタートアップからの利益が還元されるようなシステムだと説明する。TechShopとY-Combinatorを組み合わせたようなものだ。 またその理想に加えて、現在有り得るビジネスとして物流の仕組みの改善があると伝える。 例えば、なぜアマゾンのようなオンラインで決済できて配送までやってくれるサービスがないのか、という点だ。 この問題は2つのスコープを含んでいて、1つは決済、2つ目は配送である。 配送の問題は道路のインフラを考えると難しいが、GPSを使った住所特定などは、今実行可能なプランとしては見込みがある。 自分がより興味を持つのは、ネットワーク上の決済に関してである。 大部分のガーナ人はクレジットカードを持たないので、クレジットカード/Paypalを使ってECサイト上での決済を行なうことは出来ない。 ECサイトは存在するが、決済手段としては銀行口座への送金、モバイルマネー、そして対面での手渡し、というのが候補だそうだ。 この部分を改善することができれば、国内でのECサイトの利便性が上がるだけでなく、海外への送金も簡素化される。 ベンに誰もやらないならやっちゃえよ、10年で次のイーロン・マスクになれるぞ、とおだてられると、まんざら冗談ではなく、そうかもしれないなと思っている自分がいた。 ホテルを出ると、タートルという車を作っているプロジェクトを見学すべく、スアメ・マガジンへ向かう。ここにはITTUという中間技術を支援する団体のオフィスがあるのだが、プロジェクトを統括していたオランダ人に連絡をとった際に、とりあえずここに行けと言われていた。 ITTUに着くと、中のガレージでは自動車整備が行われていた。タートルを見たいのですがと言うと、今はここにはなく、プロジェクトを主導していたワコさんという人がいるSofolineという場所にあるそうだ。例のオランダ人に聞いてワコさんにも連絡はとっているのだが、まだ連絡がない。 実際に行ってみることにする。 それにしてもクマシは案外広く、Sofolineは中心部から西に離れたところにあった。実際その場所に行ってみることは出来たのだが、ワコさんがアクラに行っていて不在なので、出会うことはできなかった。可能ならまた来週会えるかトライしてみよう。 Sofolineを後にすると、アドさんに会うべくクマシ工科大学に向かう。アドさんとは一通り情報交換を済ませたが、彼はいま電力利用を削減するキャパシタ・バンクを使ったビジネスを、工場に対して行なうことを画策しているようだった。 他にも自分が進めているブラシレスモータの話などをしたが、学校側にプロポーザルを出せば一緒にプロジェクトを行なうことは可能なようなので、これも次回は挑戦しようと思う。 アドさんには留学のことも聞かれたが、ガーナの大学における昇進システムでも、学位は問題になるらしい。実際には講師になる際に、修士が必要だそうだ。1,300セディと聞く給料では、KNUSTの修士の学費も決して安くはないだろう。 さて、アドさんに決済システム、モバイルマネーの話をしてみると、彼も興味を持ったようである。モバイルマネーが口座と連携しているのか、という点について調べるために、実際に銀行に行ってみることにした。Zenith bankで聞いてみると、自分たちはモバイルマネーはやっていないという。隣の建物でTigoのモバイルマネーを売っていたので聞いてみると、バウチャーを購入して口座にチャージし、送金を行なうシステムのようだ。 クマシで食べたフライドライスは安くて美味しかった。 人も心なしかフレンドリーな印象を受けた。 またすぐに帰ってきたいと思い、タコラディへのミニバスに乗った。

09. March 2016
Categories: FabLab | Tags: , | Leave a comment

現地ハッカーとの邂逅

朝10時にクマシ・ハイブでジョージと出会う約束なので、タクシーに乗ると、最寄りのジャンクションで降りる。 学校の裏、というざっくりとした住所であるし、看板もないのでうろついていると、向こうから白人の女性がやってきた。 彼女がクマシ・ハイブの共同創業者のアナだった。 彼女に連れて行ってもらったのは、まだ使われていない部屋も多い、越してきたばかりというメイカースペースだった。 アナはもう一人イギリス人のベンという人と一緒だったが、彼もこのメイカースペースでボランティアのような活動をこの3週間行なうとの事だった。なかなか良い人で、結局この日は彼が泊まっているホテルに自分も泊まることにし、夕方バンクーを食べながら、色々な話をすることになったのだが。 さて、クマシハイブでは現在ハードウェアスタートアップとして数々のプロジェクトが走っており、ステータスとして一番進んでいるのが、教育用のプロトタイピングキットであるScience setだった。包装も小奇麗にしており、気を遣っているのが伝わってきた。 他にも電灯につけて電力量などをモニタリングできるデバイスや、インターネットがなかなか利用できない遠隔地で教育を可能にするためのRaspberry piでできたデバイスなど、いくつかのプロトタイプを見せてもらうことができた。 ほかにも病院・医療用途でのアイディアを多く持っており、アグレッシブに活動しているのが伝わってきた。 鍵が見当たらないとのことで、あいにくKNUSTの中のラボは見学することができなかったが。 彼らとも今後ハッカソンの開催などで、協力できたらと思っている。

08. March 2016
Categories: FabLab | Tags: , | Leave a comment

一路クマシへ

夜早く寝たので早くに目が覚める。 どうやらこのままいくとTTIでの活動がスタックしてしまいそうなので、別のアプローチはないかと考えていると、クマシで車を作っているオランダ人とガーナ人がやっているプロジェクトのことを思い出す。 Suame magazineという場所は車を修理する町工場の集積地区で、ここでガーナ製をうたった車をつくっているそうだ。 早速代表者らしいオランダ人に連絡をとってみる。 他にもクマシにはクリエイティビティ・グループというクワメ・エンクルマ科学技術大学の学生たちがやっているメイカー集団がある。以前彼らがファブラボを訪問したとは聞いていたが、スタートアップの様な話や、キャッチーさを求めるように見える(実がないように見える)のがスティーブンには刺さらないようだったので、今まで彼らとコンタクトをとったことはなかった。 だが、調べてみると彼らは現在もアクティブに活動していることがわかってくる。この地では目につきやすい新しい活動はメディアにすぐに取り上げられるが、なかなか継続して根付かないという印象を持っている。 だが、取り組みを続いているのは強い情熱や何かがあるのだろう。これは一度会って話をしたいと思うようになった。 思い立ったが吉日、すぐに家を出ると、クマシ行きのバスが出発するターミナルに行く。 10:30頃にバスに乗ったが、出発したのは12時過ぎだった。 クマシへ向かう車窓からは、独立記念日を祝う催し物の姿が見えてくる。 こないだ建設が進んでいて驚いた線路沿いの場所は、Kojokrom Transport Terminalというそうだ。 Kojokromといえば、ベネディクタが住んでいた場所だ。 彼女もやる気はある学生だったが、今はどこで何をしているのだろうか。 人が必ず一定期間で入れ替わるのが学校の常だが、卒業してもファブラボに遊びに戻ってくるような仕組みができればいいのだが、と考えていた。 山間部ではWi-Fiは使えないが、市内に近づくと使えるようになる。 ツイッターでのリプライが返ってきて、明日の10時に会う約束になった。 クマシに到着すると18時を過ぎていた。今日はもう行動はやめてホテルで休むことにする。 高揚感もあってか、普段は泊まらない、一番高そうなゴールデンチューリップに行くことにした。 一泊671.5セディ、夕食のビュッフェは85セディと超高級の値段だが、上を見ておくのも勉強だろう。 ロビーはガーナ人でにぎわっている。彼らは一体何の仕事をしているのだろうかと、不思議に思っていた。

07. March 2016
Categories: FabLab | Tags: , | Leave a comment

知識を共有することの大切さ

なかなか煮え切らない日々が続いている。 疲れてる?と聞かれるのは、肉体的ではなくむしろ精神的にプレッシャーを感じているからだろうか。 今日はGSMモジュールをテストしたいと思っていたが、ラティーフにLEDを使った看板をATmega328pを使って駆動する方法について尋ねられたので、そちらを手伝うことに。 22pFのキャパシタを彼に渡すが、16MHzの振動子は持っていなかったので、町で探すように伝える。 それにしても、自分が過去に持ってきたArduinoやAVRなどの部品はどこへ行ってしまったのだろうか。 何かものを作ったのでそれに使ったというのならわかるのだが、特に何か進展があるわけではなさそうだ。 もちろん教育現場であるので実験で使ってくれても良いのだが、誰かが取っていってしまったのではと疑ってしまう。 なあなあになってしまうとまずいとは思っているのだが、こういうのも少しずつ自分の精神を疲弊させていくようだ。 EAGLEで基板を設計してMODELAで作るように言うと、なんとMODELAの使い方がわからないという。何年もFabLabにいるにも関わらず、MODELAを使えないとは驚くべきことである。 ダグラスが教えてくれないからだ、とクムシンとラティーフが不平を言っているが、ダグラスの性格では彼に教えるようにいっても無駄だろうと思ってしまう。ただし、このままだとレーザーカッター以外のスキルが永遠に継承されないだろうという危機感も抱く。 これは、教材があれば解決する話なのだろうか。それとも、どうにかしてダグラスに教えさせるしかないのだろうか。 スティーブンとも話をしたほうが良いかもしれない。 その後はAVRをスタンドアロンのArduinoとして動かす回路図をホワイトボードで説明し、EAGLEを使った設計をプロジェクタを使って解説する。そしてcam.pyでrmlを生成するも、うまく動かないようである。 本当はUbuntuのインストールされたマシンでcam.pyを動かしたいのだが、以前はあったUbuntuのマシンがなくなっている。 どうしてこうも物がなくなるのだろうか。このようにして、できることがどんどん狭められていることは、本当にやるせない。自分が個人的に買って寄贈しても、また誰かが持って行ってしまうのではという気にもなってしまう。 その後はcam.pyはとりあえずあきらめて、クムシンにシリアル通信でPCからサーボモータを動かす方法を説明する。 Processingと連携させたり、Raspberry piにつないだUSB WebカメラとOpenCVで顔認識し、認識した顔の方向にサーボモータを振るというプログラムを作って見せると、喜んでいた。 だが、これでは単なる実験にすぎない。 自分は電子工作の実験がしたくて来ているわけではなく、この先に進みたいのだ。 夕方になって家に戻り、布団に横になるともう動けない。 何か突破口になるアイディアはないかと、思いを巡らす。 ふともっと身の回りの問題に目をむけるべきでは、と考える。 もっと言うと、自分が今日感じたようなFabLabの問題である。 知識の共有、機材のメンテナンスなどの問題は、何かハードウェアで解決できることなのだろうか。 ほとんど組織の問題に近い気もするので、もので直接解決できるわけではなさそうだが。 この問題群のなかから、今もっている解決手段で解決できることを抽出するのが、自分のやるべきことなのかもしれない。

06. March 2016
Categories: FabLab | Tags: , | Leave a comment

作業初日は苦戦

朝起きるとタウンに買い出しに。 久々のトロトロに乗ると、普段60~70ペソワだったのが、1セディに値上がりしていた。コインより札の方がメイトも数えやすくて良いのでは、などと考えていた。 タウンに着くと、いつものAll needs supermarketに向かった。蚊取り線香やシャンプーなどを購入する。店内を奥へ進んでいくと、以前壁だった場所がくり抜かれて新しい空間ができている。2階への階段もあるが、まだ増築中のようだ。この一年間の変化は、以前の三年間を凌ぐペースに思える。 レジで使っているPOSを覗き見ると、Tally ERP9を使っている。昨年開発していたシステムでTallyへのExport機能というのがあったが、こういうところに目が行くようになったのは面白い。 MTNへインターネット用のSIMを購入しにいくも、パスポートがないと販売できないと言われて、一旦家に取りに戻ることにする。 トロトロから外の景色を見ていて、地名を記した青い標識が去年1年間に新しく建てられたものだということに気づく。Pipe anoやEffia Kumaを記した標識は今までなかったものだ。このおかげでEffiaとEffia kumaが別の地名だと初めて知った。 家に戻ってパスポートを取ると再びタウンに戻る。インターネットバンドルは6GBで80セディ(約20ドル)だった。前はもっと高かった印象があったが、これは日本の格安SIMに比べても安いのではと思う。その後You 84でフライドライスを食べる。 午後はFabLabで早速作業と行きたいところだが、家に戻るとベッドに横になった。まだ作業していないのに、体が休息を欲している。気温は暑いことは暑いが、灼熱というほどではない。照りつける陽射しによる消耗が激しいようだ。 少し休んでからFabLabに向かって、クムシンと今回つくるものについて話し合う。 まず遠隔制御の通信できる要素技術にはBlutoothやWi-Fi、GSMなどがあるよね、と話す。彼いわくIRセンサがガーナで手に入るので、それも候補に入れようと話す。ここまではなかなか調子がいい。 ただし、それで何を動かすか、という話になると途端にまずい感じになる。 例えば、以前別の学生がアクリルで作った自動ゲートのプロトタイプを指差して、あれを遠隔で動かそうと言う。そのプロトタイプは、CNCのように送りネジで扉を動かすもので、動くものを作ったという点では評価すべきなのではあるが、デモどまりというか、そこから先の展開がないのが惜しい所なのである。自分はプロダクトの製作を考えているので、自動開閉ゲートをつくるなら、フルスケールのモデルが欲しいのである。 レーザーカッターでアクリルを切って作れてしまうがために、どうしてもプロトタイプというものに目がいってしまうのかもしれない。もしかすると、工業高校のレベルではこの程度、という暗黙のリミットがあるのではという気もしてしまう。リアルに役立つものをつくろうというマインドの点では、工科大学の学生の方に軍配が上がるのだ。 (後で考えみると実はこれはこれでよく、何かその現状を逆手に取る方法があるのかもしれないと思ってもいる。) どうすれば高校生にとって実際のプロダクトをつくるというマインドが実感できるのだろうか。アブーのCNCのように、アクリルであってもフルスケールで動くものが作れるとは思うのだが。 本来であれば製作者の中から使い途の候補が湧き出てくる、というのが自分の主張している筋書きなのだが、当然のことかもしれないが、他の人の意見もとりいれたほうがよさそうだ。これにはクロードやアベル先生など、色々と口を出しそうな人がよいかもしれない。 また、ラボのシーリングファンをハックしようとこちらから提案すると、それはやめてエレクトロニクスラボのACモーターを実験用に使おうという。それはわかるのだが、自分が言いたいのは、要はプロブレム・ファーストであって、もしACモーターを使って実験できたとしても、それを使って何をするかという議論が起こってスタックするのは目に見えている。最初から特定のアプリケーション、つまり出口を設定してから攻めないと、事前の仮説が検証できないだろうと考えているのだ。 その後は持ってきたBlutoothのモジュールのPINをリセットしようと悪戦苦闘していると、無為に時間が過ぎてしまった。他にも秋月で買った40AのSSRキットの基板が間違っていたこともあり(勘弁して欲しい)、少しすすめる手順を整理した方が良さそうだ。 そうこうしていると、ジョンたちがラボに来たので、持ってきた部品を端数をまけてまけて3,800セディで売ることにした。月曜が祝日で(独立記念日であろう。去年はこの日に帰国したのだ)、次に銀行が空くのが火曜日ということなので、その日に代金を回収する運びとなった。 作業初日はかなり疲れてしまったが、まだ始まったばかりなので、気を取り直していこうと思う。 クムシンが顔認識技術に興味を持っていたので、明日はラズベリーパイを使った顔認識の実装を試してみようと思う。正直どのように使えるかわからないが、製作者が興味を持った部分を大切にして、関心を失わないようにすることが大事なのではと思っている。

05. March 2016
Categories: FabLab | Tags: , | Leave a comment

ガーナの変化

両替と携帯のSIMの購入を済ませると、タコラディ行きのトロトロに乗るためにカネシへと向かう。 為替は1ドル3.9セディだった。1年前は3~3.3くらいだったと思うが、すごい勢いでセディが安くなっている。 カネシに向かう途中でRing road cetralを通っていると、遠くサークルの方に大きな坂が見える。 もしやと思って近づくと、なんと高架の道路を建設中である。ウガンダのカンパラも交通渋滞解消のための高架を計画中であり、いつできることやらという話を聞いていたが、こちらは1年で一気にできてしまった。なんとも景気が良いのだろうかと思った。 運転手にこの道路は初めて見たと告げると、これはブラジルの建設会社だよと言われる。よく見ると、「queiros galvao」というポルトガル語風の会社名を記したロゴが道路に刻印してあった。 //DSC1710.JPG// タコラディまでのトロトロは28セディ。荷物でさらに10セディとられたが、今回はバックパック、スーツケースにさらにインバータを入れたバックパックと荷物が多いので、致し方ない。 タコラディまでの陸路は何度も通っているが、見たことのある景色かと思えば、全く見たことのない場所もある。 Effiaの辺り(Effia Kumaとは異なる)は、ガソリンスタンドが多くあり、前面がガラス張りになった2階建てのオフィスビルなど、新しそうな建物も見られた。 また線路沿いではショベルカーがせわしげに稼働しており、建設業の人々が多く働いているのを見ると、ガーナ全土で建設ラッシュなのかとも思ったりした。 アーチのようにかかる街路樹の中には赤い花が咲いていたが、あれはなんという名前の花なのだろうか。 T.T.Iに到着してファブラボに一歩入ると、ラティーフ、クムシン、アイザックが迎えてくれた。みんな私服を着ていたが、ラティーフとクムシンは去年卒業したらしい。ラティーフはTTIの電気技師の退官に伴ってここで雇われる予定だそうだ。クムシンは仕事はしていないが、進学を考えているとのこと。200セディで購入したという、モニターに傷が入った中古のラップトップでProcessingのサンプルを動かして遊んでいた。電源コードを分流して自作のファンにつないでいたのは、彼らしいことだ。 //DSC1734.JPG// ほどなくしてエマニュエル先生とスティーブンがやってきた。結婚おめでとうと言われる。そう言ってもらえるのは率直にうれしかった。 深センからはるばる持ってきた5000Wのインバータを開封して彼らに見せると、屋上に設置しようと話している。以前太陽電池パネルを屋根に設置すると言っていたが、そこからバッテリを介して接続するのだろう。 //DSC1713.JPG// ジョンとアベル先生は今日はもう帰ったとのことなので、持ってきた電子部品は明日渡すことにする。 宿舎に到着すると、スティーブンが次のように言った。自分のために用意してくれた部屋には使えないエアコンがついていたが、今日の午後、エマニュエル先生が突然思い立ってそれを外すように命じた。今そのエアコンの設置口にはぽっかり穴が開いているので、木の板でふさごうという。しばらくするとラティーフとスティーブンが板を持ってきて釘でふさいでくれた。次に帰ってくる頃には新しいエアコンがついてると思うよ、とも言う。以前はエアコンなど望むらくもなかったが、それは楽しみな話である。 //DSC1717.JPG// 穴の修繕を待っている際に、電気の状況はどう?とラティーフとスティーブンに聞くと、なんと改善されたという。その理由が驚くべきであるが、今年の11月に選挙があるためであるとのこと。国民の支持を集めるために頑張っているらしいが、頑張ってできることなら常にやってほしいと思うのは自分だけだろうか。 部屋にはいるといつもの故障したブラウン管テレビではなく、BRAVIAが置いてある。地上波はアナログ/デジタルとも見れないが、備え付けてあるチューナーで衛星放送を受信できるようだ。以前はそもそも電気がないのでテレビなど見ようと思わなかったが、楽しみが一つ増えたのはよいことだ。 蛇口をひねると相変わらず水はでない。バケツに水が組んであるが、バケツ一つでは足りないだろうな、と思った。 蚊よけのスプレーを撒いて、再びラボに戻る。 ラボに戻って最近の状況を聞くと、昨年作ったものとして、道路に設置する発電装置のプロトタイプを見せてくれた。道路を通過する車両の重量によってプレートが下に沈みこむが、この垂直変位をラックピニオン機構で回転力に変換してダイナモを回すという仕組みである。 //DSC1718.JPG// アイディアとしては面白い。が、発電後の整流回路や、そもそもアクリルで作っているために構造強度が考えられていない点が目についてしまう。これは自分がこの1年で機械設計の仕事をずっとやってきたからだろう。協力していただいていたHONDAの技術者の方と議論する中で、プロトタイプという言葉の定義が自分のなかで少し変わってきたこともある。 さて、見せてもらった発電装置は、機械科のクロード先生がアクラで同じものをみたという。彼に話を聞きに行こうと言うことで、機械科へ向かう。機械科ではメンサ先生と再会した。寡黙で怒ると怖いというイメージがあるが、温かく迎えてもらった。まあみな良い人たちである。 クロード先生に件のアクラで見た発電装置の写真を見せてもらったが、動画がないことからすると、これも本当に動作するかは疑わしいところである。ガワを展示会に出展して注目をあつめる、というのが常なのかもしれない。 クロード先生は数カ月前にフフパウンダーを作ったといって写真を送ってきてくれたのだが、今どこにあるのと聞くと、どうやらPolytechnicの学生が作ったらしい。ポリテクにあるから明日見に行こうと言われる。 機械科をあとにすると、世界銀行の支援で作られたという石油採掘用のシミュレータ室(Drilling console)を見せてもらった。なかなかお金がかかっていそうな雰囲気である。スティーブンが動かしてみようかというのでお願いすると、ひととおり機能を見せてくれた。使い方はUSのメーカーの技術者が直接講習を開いてくれて覚えたそうだ。ただし、より詳細な使い方についてはさらに講習を受けないとわからないとも言っていた。このシミュレータを使った実習を受けに来るのはTTIの学生ではなく、卒業生や現場の技術者らしい。 //DSC1730.JPG// 同じ部屋ではダグラスが電気工学の個人講習を受けていたが、どういう目的で受けているのだろうか気になった。純粋に学究的好奇心で受けているわけではないと思うけど。 ラボに戻るとクムシンのラップトップにPythonや他のソフトウェアをインストールして過ごした。VisualStudioも入っていて、OpenCVの使い方を教えてくれという。自分で1ヶ月くらい試したが、難しすぎるとのこと。大学入学前のレベルでそれはそうだろうなと思ったが、明日やってみようと話した。 18時を過ぎてラボを後にしようとすると、スティーブンが話があるという。ラティーフとクムシンには席を外してもらって、ダグラスと3人で話をする。ジョンとアベル先生に買ってきた電子部品のことについて、忠告があるそうだ。 彼らとの話の中で、知らなかった事実が多く明らかになったが、まず、アベル先生が自分に頼んだ物品はTTIの仕事とは関係ないとのことだった。どうやら主にポリテクの学生に対して販売しているらしい。まあそれ自体は良いのだが、スティーブンたちが気にしているのは、前回GSMモジュールを送った時の代金を自分が回収していないことらしい。DHLで送料のみで250ドルくらいかかったやつのことだ。本体はeBayで60ドルくらいだったかな。正直に言ってもう忘れてしまっていたし、あのときの心境としては誰かのためになるならと損をかぶってしまっていたのだが、現地の人たちの間でアンフェアだとの声があがるようであれば、きちんとしなければならないなと思った。 … Continue reading

04. March 2016
Categories: FabLab | Tags: , | Leave a comment

ガーナに帰還

アムステルダムを経由して再びガーナはアクラに辿り着いた。 警戒していたコトカ空港での入国プロセスも、入国審査及び荷物チェックも以前より改善されている感じである。 空港の出口付近で係員にオフショア?と聞かれたが、オフショア開発というよりはオフショア金融のことを指していたのだろうか。 アクラではいつものように竹内さんにお世話になった。大変感謝である。 空港からアクラ市内に出る車内で夜の町並みを見ていると、何とも落ち着いた気分になる。 初日の晩は竹内さんの同僚の方々との食事にも同席させていただいて、楽しい時間を過ごすことが出来た。 さて、アムステルダムとは打って変わってアフリカの暑さである。 やはり気候が温かい方が思考も開放的になって、楽しいアイディアが浮かんでくる。 今回の滞在は2週間と短いが、前回のようなシビアなノルマが無い分、自由に動けそうである。 今回は可能ならばグループワークを通してグループ内でのインタラクションや、グループ間での競争が機能するか、という点も見てみたい。 以前にアイディア生成のグループワークをやったことはあるが、今回は実装も含めた本来のハッカソン形式にすることができればと思っている。 また、ジョンが提案しているGSMモデムを使った製品(まだ何をしたいのかよくわかっていないが)のプロトタイプを使って、実際に売り込みをかけることも期待している。 フフパウンダーでは進むことのできなかった、次のステージを見てみたい。 これからインターネットのバンドルとSIMを購入してタコラディに向かう。 暑い時期なので体には気をつけて今回の滞在を過ごすことにしよう。

03. March 2016
Categories: FabLab | Tags: , | Leave a comment