Category Archives for 日常

家の内見

新しい家探しをしてみたところ、ケニアでの家の内見にハードルがあり大変だったのでメモ。大変だったのは探しているエリアが理由で、普通はもっと簡単に見つかるのかもしれない。ちなみに家探しの途中で現在の家を移る理由がなくなってしまい、内見の次の段階には進まなかった。 家はギギリの辺りで探していた。不動産のウェブサイトで物件に照準を定め、エージェントに連絡する。1件目は後で連絡すると言われて電話を切られ、その後音沙汰がない。2件目はアポがとれたが、内見後に2000シル払えと言われたので断った。3件目は問題なくアポが取れたのでギギリで待ち合わせ。しかし約束の20分前にSMSが入り、オーナーがちょうど物件にサインしてしまったと言われてドタキャンになった。この時点で内見することすら難しいのではという疑念が頭をよぎる。ドタキャンした業者からはお詫びに別の物件を紹介すると言われた。 一週間後、別の業者のアポがとれたので朝一でルンダに向かう。案の定30分前に電話がかかってきて、鍵を管理している人と連絡がとれなくなったと言われ、これもキャンセルに。本当にどうなっているんだ。午後には先週ドタキャンされた業者と待ち合わせしているが、これもドタキャンになるのではと疑う。待ち合わせ場所の近くでランチを食べていると、業者からSMSがあり「今日の予定ってまだ生きてるよね?」と確認される。前日の夜に予定した用事を次の日に確認する必要があるとは、どれだけドタキャンが常態化しているんだろう。また後でと返信し、待ち合わせのガソリンスタンドに向かった。ガソリンスタンドで業者で落ち合うと、自分の車を後ろからつけてこいと言って内見予定の場所に連れていってくれた。 内見予定の場所に行ってみると、なぜか人(と車)がたくさんいる。「なんでこんなに人がいるの?」「もしかして複数グループで一緒に内見するのか?」などと不思議に思うも、車を降りて談笑中の輪の中に入ってみる。輪の中心にいたのがこの物件のオーナーで、他は不動産屋と家の補修業者だった。不動産屋は一人だと思っていたら、全員で4人来ていた。オーナーはいい人で、この物件には大使館関係者が以前によく住んでいたらしい。セキュリティがかなり厳重なのが印象的だった。ここは銃を保管する場所だと言われて、住む世界が違うことを実感。家賃は24万シル(交渉可)とのことだった。 業者はこの家だけではなく、結局3つの物件を案内してくれた。状況が動かないときは全くどうしようもないが、いったん動き出すと一気に事が運ぶというのはなんともケニアらしい。一つの家はプールつきの大邸宅だったが、セキュリティが手薄なのが気になった。前に住んでいた人は警備員として昼のシフトに3人、夜のシフトに5人の計8人雇っていたそうで、たまげた。最後に見た家は30万シルで28万まで下げられると言われたが、いずれにせよ完全に予算オーバーである。 物件の最後には、もしかしたらと思っていたが、内見料を要求された。物件の内見だけで金を取るとはすごい商慣習である。先週のアポで待ちぼうけを食らわされた上に、別の物件を見せると呼びつけたあげく金をとるのか、という気もしなくもない。まあこれだけ見るのが大変だと、4件まとめて見せてくれたのはありがたかったこともあり、2000シル(これは前述の業者の言い値を参考にした)を渡したところ、特にこじれなかった。面白い経験にはなったので良しとする。

22. March 2021
Categories: 日常 | Leave a comment

事故に遭う

朝ティカロードでナイロビ方面に向かっていると、バイクが追突してきた。軽い衝撃とともに、部品が道路に散らばる様子が目に入る。姿勢を崩したバイクドライバーと一瞬目が遭うも、ドライバーは止まらずに逃走。当て逃げされる事故に遭った。 警察で事故のレポート(アブストラクト)を発行してもらい、保険会社にクレームを提出しに行った。警察署で会話していたケニア人いわく、バイク運転手が逃げて良かったね、とのこと。なんで?と聞き返すと、警察署でゴネて逆に金払えと言われたり、迷惑することも多いらしい。バイク運転手はライセンスを持っている人も少ないらしいので、事故時に逃げるのはきわめて一般的だと別のケニア人も言っていた。 さて、保険会社では窓口の人が修理業者からの見積もりがないと受付できないと勘違いしており、当日はクレームを受理してもらえなかった。事故状況の査定でやりとりしていた別の保険会社のスタッフのやりとりで窓口の人の勘違いが発覚し、後日改めてクレームを提出しにいった。どれくらい補償されるのだろうか。

11. March 2021
Categories: 日常 | Leave a comment

ミネラルウォーター

とある事情でケニアで販売されているミネラルウォーターのフッ化物の含有量が気になったので調べてみた。 Brand mg/L Tree Top 0.02 Planet aqua 0.07 Maisha 0.22 aquamist 0.29 Grange park 0.42 Safari King 0.46 Highlands 0.5 Keringet 0.62 Mt. Kenyan 0.7 Waba 1.1 Aquaclear N/A 表. フッ化物含有量 ものによってかなりバラツキがある。 ちなみに水道水について。水道セクターの関係者からの情報によれば、ケニアやエチオピアは地下水のフッ化物の含有量が多いが、ナイロビの水道水は既定値に抑えられているとのことだった。

06. March 2021
Categories: 日常 | Leave a comment

キテンゲラのガラス工房

リサイクルしたガラス製品を作っているガラス工房のキテンゲラに出かけた。ナイロビ国立公園の裏(南)にある。驚いたのは、途中から舗装されていないオフロードの道になったことで、久々の旅感があった。運転手はマサイが放牧で暮らしている地域だといっていた。牛やシマウマが自由に過ごしているのが車窓から見えた。

28. February 2021
Categories: 日常 | Leave a comment

ナイロビのチャイナタウン

チャイナタウンというほどのものではないが、中華食材店や食堂が10個くらい軒を連ねる場所がハーリンガムにある。知り合いの間では結構有名らしいが、初めて行ってみた。 中華食材店のあとは精肉・青果店で野菜を購入。魚も水槽に泳いでいた。 精肉店をあとにすると、目の前に食堂があった。知り合いがチャイナタウンのうどんが美味しいといっていたのを思い出したので、ここで昼飯を食べることにした。店に入ると、出迎えてくれた中国人夫婦には中国語しか通じない。面mianはあるかと聞いてみたら、没有meiyouと言われた。代わりに湯tangはあるというので見せてもらうと、豆乳が入っていた。奥さんは豆乳だけでも良かったみたいだが、自分は麺(うどん)を食べることに執着があったので、別の店をあたってみますと食堂を後にした。敷地内をぐるっと回って他の店を探すが、他のどの食堂もシャッターが降りている。時間が少し昼前で早かったか、あるいはコロナで営業を中断しているのか。踵を返してもとの店にチェックイン。よくわからないままに指差しで注文すると、温かい豆乳(砂糖を入れる)、油条(揚げパン)、あと葱花餅とか言う名前のニラを挟んだパンが食卓に並んだ。どれも初めて食べるものであり、中国語しか通じないこともあいまって、中国の田舎を旅行している気分になった。食堂のご夫妻も愛想のいい人たちである。またコロナが落ち着いたら、中国を旅行してみたいと思うのであった。

20. February 2021
Categories: 日常 | Leave a comment

家庭菜園への道

ケニアに来てやろうと思っていたことの一つが家で植物を栽培すること。しかしいくつかの問題があり、挫折していた。 第一の挫折は観葉植物を部屋の中に置けなかったこと。プランターの中の土にアリが巣を作って部屋の中にアリが大発生したため、外に置くことにした。その際にプランターをひっくり返してアリを一掃するために根を洗ったため根腐れを起こし、観葉植物を失うという失敗も経験した。 第二の挫折は庭にも植物を置けなかったこと。観葉植物は実は序章で、本当は野菜を庭で育てたかった。そのため日本のホームセンターで種を買ってきていたものの(*1)、ケニアに雨季が訪れると庭でナメクジの大発生に遭遇し、野菜を育てるのはやめようという結論になった(*2)。 そうして時は経ったのだが、JKUATでもイチゴの栽培の指導をしていただいているイチゴハカセのYoutubeを数日前に偶然発見した。このYoutubeチャンネルのビジョンは家庭菜園を諦める人をゼロにするのが目標(!)ということで、せっかく家にスペースもあるのだから、これはやはりやらないといけないと一年発起したという経緯である。 ということで家庭菜園を開始したいと思うので、JKUATの同僚に相談してみようと思っている。思いつくところから色々実験してみたい。

14. February 2021
Categories: 日常, 農業 | Leave a comment

サファリウォーク

初めて行ったけどかなりよかった。ナイロビ国立公園も面白いけど動物が見れないリスクがある。こっちは至近距離でライオンが見れて驚いた。お客さんもほとんどおらず、貸し切り状態だった。

13. February 2021
Categories: 日常 | Leave a comment

カルーラフォレスト

何回か来たことあるけど今日は散歩道にでてみた。1時間くらい歩いただろうか。滝が見れたのも良かったし、そこに行くまでの森林も楽しめた。

06. February 2021
Categories: 日常 | Leave a comment

窯見学

ルンダで陶芸をやっている御夫婦のところにお邪魔して、窯(Kiln)をみせてもらった。イギリスから輸入したとのこと。陶芸は長年やっているが、窯を買うのは初めてらしい。また近々どこか別の国に移るそうで、窯も持っていくといっていた。重量は80kgくらいで、ちょっとした冷蔵庫といった風情。窯を焚くとロウのようなにおいがたちこめるらしく、屋外においていた。雨にさらすと金属部が錆びるので対策が必要。Wifiつきのタッチパネルは便利そうだった。 出力は8kW程度で、35Aほどの電流が流れるため、英式のBFプラグではなく以下のような単相の大電流プラグが必要になる。ケニアの家庭では結構大きな電力容量が使えるので、自宅で使うとしても電力契約の変更は必要ない気がする。

04. February 2021
Categories: 日常 | Leave a comment

ダカールでドローン購入

ダカールでドローンを購入できる店を探し中 Macandmore https://web.facebook.com/macandmoresn/ DJI mavic proが850,000フラン(17万円) Dakariumで譲ってくれる人が見つかった。

04. December 2018
Categories: 日常 | Tags: | Leave a comment

← Older posts