Category Archives for JKUAT/PAUSTI

指導人数の壁

インターンを希望している学生たちだが、7名は少し多すぎるというフィードバックをもらった。確かに一人の教員でハンドルするには少し手に余る。インターンを希望した学生たちには希望をもたせて悪かったが、スクリーニングのために提案書を提出するように伝えた。ただ一方で、他の教員との共同指導体制を構築できれば、さらに学生を収容できる余地も残っているという。明日同僚の先生に相談してみよう。 午後には授業で教えていた大学院生から久しぶりに連絡があった。研究のプロポーザルが添付されており、指導を希望しているとのこと。こちらも明日打ち合わせをすることに。

23. February 2021
Categories: JKUAT/PAUSTI, Nakuja project | Leave a comment

遂にノズルが完成

今日は朝から撮影クルーが大学に来た。事務所で自分もインタビューを受けたあと、ものづくりセンターを案内した。人工呼吸器の開発やデジタルファブリケーションの利活用の様子、また大学院生の研究風景などを取材してもらった。 その後学長のインタビューを撮影し、撮影クルーは次の目的地のムウェアへと旅立っていった。ムウェアの次はモンバサに行くとのことで、一大撮影ツアーである。ちなみに映像制作会社の社長は気さくで良い人だった。待ち時間に世間話をしていたところ、彼はその昔協力隊でケニアに来ていた日本人の彼女との結婚を考えていたが、その夢は実現しなかったとのこと。いろいろなドラマがあるのだなあ。 撮影が終わると既に昼過ぎになっていた。午後はラボに行って学生たちと作業の続き。ノズルは完成に近づき、機体チームも設計したモデルロケットを3Dプリンタで出力していた。 1週間以上に渡る加工の末、ノズルの製造を無事に終えられたのは素晴らしい。次に加工する際は、今回得られた教訓を生かして、最初から最後まで通しで加工できることを期待する。 その後もラボにいると、学生2人に声をかけられた。メカトロの学科長と話したところ、インターンは可能であるとの返答をもらったとのことである。これを機会にプロジェクトをさらに進めたいところである。

23. February 2021
Categories: JKUAT/PAUSTI, Nakuja project | Leave a comment

ナクジャ・インターン?

午前に人工呼吸器のミーティングが入ることになり、ラズパイのAD変換だけは実装しとこうと思ってプログラミングに精を出す。ラズパイでのAD変換は昔一度試したことがあったが、最近では結構いろいろなやり方があるようだ。 結局Adafruitのチュートリアルに従ったらうまくいった。初歩的な配線のミスに加えて、ADCの入力にPWMを入れて計測できるという勘違いをしていたこともあり、動かすのに昼過ぎまでかかった。結局ミーティングは来週に延期されたので結果オーライ。 さて午後はノズル加工の続きに取り組む。ラボに行くとみるとまだ学生は来ていなかった。しばらくすると学生が新しいメンバーを連れてやってきた。先輩メンバーが初期設定の合間を利用して新顔に機材の説明を行っている。新歓オリエンテーションという風情である。 本日は昨日送り速度が速すぎて失敗した突っ切りバイトでの加工を試みる。 途中まではうまく加工が進んだが、最後の切断時にツールがチャックに接触したため緊急停止した。クランプする部分の長さが足りなかったのが原因らしい。 対応策としてアルミの端材でスペーサーを作り、足の高さをかさ上げすることにした。 ラボには金曜日の午後にも関わらず学生がたくさん集まっている(逆に金曜日だから時間があるのかもしれない)。しかし推進チームのリーダーの学生や、他の主力メンバーはインターンのために不在である。JKUATでは約3ヶ月の外部でのインターンが卒業要件となっており、学部3年生の2月から5月までは企業などで実地研修を積むことになっている。インターン先は大学が斡旋してくれるわけではないので自力で見つける必要があり、学生たちは自分を受け入れてくれる会社を探し回るのであった。大学が指定しない代わりに基本的にはどの会社でインターンしても良いのだが、自分の専攻と関連する業務内容である必要がある。ケニアでは他のアフリカ諸国同様失業率が高く、特にメカトロニクスといった製造業に従事する関連企業は数が限られている。インターン先が見つからないためにプロジェクトに参加する時間があり、こちらとしては助かっているので、少し複雑な心境である。 そんなことを考えていると、一部の学生たちが次のような提案をもちかけてきた。このNakuja projectでインターンすることはできないか?と。工学部ではケニア宇宙機関が主催する超小型人工衛星の開発プロジェクトも走っているのだが、これに参加している彼らの友人たちはこのプロジェクト参加がインターンとしてみなされているとのことである。なるほど、同じ宇宙プロジェクトだし(これは関係ないか)、設計開発の経験という意味では下手をすると他のインターンより良い経験になるかもしれない(産業レベルのCNCがJKUATにはある)。彼らも受け入れ先が見つかって卒業要件を満たせることに加えて、自分としてもチーム体制を維持できるのはうれしい。学生たちは所属するメカトロニクス学科の学科長にかけあってみるというので、自分からも学科長に交渉してみると伝えておいた(学科長とは人工呼吸器のプロジェクトでも一緒に働いている)。面白いことになってきた。

20. February 2021
Categories: JKUAT/PAUSTI, Nakuja project | Leave a comment

旋削の輝き

今週ずっと取り組んでいるSRMのアルミケース加工だが、ノズルのCNC旋盤による旋削が佳境を迎えている。昨日は10mmのドリルがワークをかじってしまい、作業が今日に持ち越しとなった。 ドリルの交換によってうまくいくかと思いきや、またもや問題が発生。加工前には必ずツールのオフセット調整(原点設定)が必要だが、すでに大きな径の穴が空いているワーク対して目視による設定を行ったため、どうしても誤差が発生してしまう。長い距離を一気に貫通しようとしたところ、またもやワークをかじってしまって緊急停止となった。穴の長さを短くして再挑戦。 CNCでの斜面の加工は初めての経験で、加工品をみたときはその出来栄えに感激した。 あとは突っ切りバイトで切断し、ひっくり返して反対側を中ぐり加工する。送りが早すぎてワークが落下してしまった。本日はここで時間切れ。明日には完成できることを期待する。

19. February 2021
Categories: JKUAT/PAUSTI, Nakuja project | Leave a comment

大学周辺のフィールドワーク

先週日曜に同僚の先生から連絡があり、工学部で検討している廃棄物処理の研究に関連しそうだということで、大学周辺の地域の廃水処理の状況を見学させてもらえることになった。 大学の構内で過ごしていると全く意識していなかったのだが、ケニアは上下水道の普及率が低く、大学周辺(ジュジャ)の住宅地でも下水道は整備されていない。幹線道路のティカロードには下水管が来ているのだが、内側に入った村とは接続されておらず、家庭からの排水は垂れ流しになっている。アフリカならさもありなんと思うかもしれないが、いつも生活している隣接地域でこの状態というのは正直驚きである。下水設備につながっている大学とは状況が異なることを知らなかったため、また一つケニアの現実を学ぶ機会になった。 その後は案内してもらった教員の実家にお邪魔させてもらった。自作の水タンク、養鶏や家庭菜園の様子など、こちらも学ぶことが多かった。グリーンメイズとサトウキビ、あとお茶をごちそうになり、とれたての卵をおみやげに頂いた。サトウキビとメイズは事務所スタッフにおすそ分けした。

18. February 2021
Categories: JKUAT/PAUSTI | Leave a comment

CNCのhuman machine interface

今日も今日とて二手にわかれて旋盤加工。二人は工房の汎用旋盤でチャンバーを加工、残りはiPICでCNC旋盤を使ってノズルとチャンバーヘッドの加工。 iPICのCNC旋盤はハードウェアは良いのだが、ソフトウェアに難点がある。自分も学生も毎回使い方を忘れるのは、さすがに構造的な問題があると言わざるを得ない。 また真っ先に改善できると思われるのが、CNCのジョグである。なんとキーボードを使って操作を行っている。これはさすがにひどいので、取り急ぎコントローラを作ってみようと思った。 ジョグを行うコントローラのアイディアだが、USBのHID機能を持つArduino(Leonardoとか)を使うとキーボードをエミュレートしたデバイスを作ることができる。たとえば昔こういうのを作ったことがある。 試しにArduino Dueでキーボードデバイスを作ってみたらCNCが動かせた。 あとはPCB基板と3Dプリンタでケースを作ろうか、と思ったところで気づいたのだが、PS3コントローラを使えばもっと簡単である。持ち去られないように注意は必要だが。

16. February 2021
Categories: JKUAT/PAUSTI, Nakuja project | Leave a comment

試作のインクリメンタルな改善

同僚と話していて、コロナ対策で設置した手洗いスタンドが機能していないという話を聞いた。このスタンドは工学部のワークショップで作られたものであり、学内数カ所に設置されている。 大学にはこのように技官が作った製品(大部分は試作)が多く見られるが、残念ながら動いていないものが多い。設計や製造に起因する様々な点がその原因だが、改善すべきは試作を改善する意志が足りない点だと思われる。いわゆるソフトウェア開発では一般的なインクリメンタル(漸次的)な改善が施されていない。 人工呼吸器のプロジェクトは第1次試作の改善から話が始まっていることを考えると、現地の教員と技官に改善のマインドがないわけではない。ただし人工呼吸器の開発では、部品調達に時間がかかることが足かせとなって、改善の設計が遅々として進まないという問題があった。まとめると、1)そもそも改善を前提として試作を行うこと、2)設計を迅速に行うこと、3)部材の調達を改善すること(現地で入手可能な部品などの活用)などが今後の課題として考えられるだろうか。これらは前から考え続けてきたことではある。

16. February 2021
Categories: JKUAT/PAUSTI | Leave a comment

iPICでの製作

朝は例の機材の仕様の件で色々調べものをしていた。午後からは、テストを終えて集結してきた学生たちと製作活動。機体チームの学生と3Dプリントをしようとするも、彼がアップデートしてきた機体の寸法が何故か小さい。値を修正してスライスすると、造形時間が12時間とでてきた。もうあと一時間でiPICが閉まるので、月曜日に再チャレンジすることに。残りの時間に彼はOpenRocketを使ったシミュレーションで、期待の整合性を確認していた。 打って変わって推進チームは大所帯。CNC旋盤を使って固体モータのケーシングを作るべく、まずはA7075の丸棒を切断機でカット。そして設計データをCAMに読み込もうとするも、このQuick turn 2Dとかいうソフトは外部データを読み込めず、このソフト上で2次元図面を描く必要がある。なんという二度手間だろうか。 こちらもなんとかCADの試練を乗り越えるもタイムアップとなり、月曜に作業を持ち越すことに。しかし彼らの多くはカリキュラムで義務付けられているインターンが月曜から始まるので、5月まで帰ってこないとか。サブチームのリーダーも抜けるのはなかなか痛いが、やれることをやっていこう。

13. February 2021
Categories: JKUAT/PAUSTI, Nakuja project | Leave a comment

NC旋盤と3Dプリンタ

大学の研究に用いる機材としてNC旋盤と3Dプリンタの導入を検討している。なかなか仕様の作成が大変で、いくつか候補を選定する必要があるのだが、複数の同等機種を特定するのはなかなか骨が折れる。そういえばと思い、10年ほど前に機械メーカーを訪問したときに知り合った友人に連絡してみた。彼は自分が出会った初めての工作機械マニアである。ローランドのモデラを購入したときに研究室に指導に来てもらったことを思い出した。 3Dプリンタのほうは、カーボンファイバー、グラスファイバー、ケブラーなどの素材をプリントできるものを検討している。これは同僚の先生と進めている3Dプリント研究グループでの活用を想定している。彼は最近試験委員という名の雑用から外れ、また今学期は担当講義も少ないため、研究の時間がかなりとれているようである。これが本来あるべき姿とは思うが、ケニアの大学の雑務の多さには驚くばかりである。この機に産業界のパートナーを見つけることができれば、研究が大きく進展するのではないかと期待している。

12. February 2021
Categories: JKUAT/PAUSTI | Leave a comment

ドローンセンシンググループ

今日は自分が提案したドローンのサブグループの初会合があった。ドローンは工学部のGIS学科が主にリモートセンシングに利用している。またメカトロニクス工学科でも学生が製作に取り組んでいるので、複数学科でまとまって研究グループをつくってはどうかという提案をしたのが話の発端である。 目下の課題はドローンのライセンスを得るための研修プログラム(UTO)の認可を得ることで合意した。チームを率いる若手教員はまだ会議をホストする経験も少ない印象だが、この活動を通じてさらに飛躍してほしいと感じた。

10. February 2021
Categories: JKUAT/PAUSTI | Leave a comment

← Older posts