Tag Archives for フフパウンダー

飛ばない飛行機

3/7 (Sat) ・昼の便でキガリに向うため、空港へ ・色々な国に行ったが、コトカ空港の出発審査は自分が見た中では一番腐敗している 出発ゲートに辿り着くまでに平均3人の係員に賄賂を要求されるのが常である 今回も受難が待ち受けていた ・まずエボラ熱の関係で新たに設けられた検疫ゲートで、黄熱病のワクチン接種証明書であるイエローカードを見せると、カードの右端が破れていることにおばちゃん係員がイチャモンをつけてきた 「反対側の半分が無いからこの証明書は無効だ。残念だがガーナを出国させるわけにはいかない。ガーナから飛びたかったら金をよこせ」とのこと ここで不運にも、もしかしたら反対側を落としたかもしれないと錯覚してしまう(実際にはそんなことはなく、ただ単に端っこが破れているだけだったのだが) ・賄賂は渡さないと決めているものの、女性の係員に賄賂を要求されたのが初めてで動揺したこともあり、不覚にも20セディを渡してしまった ・飛行機に乗り込み、誘導路を進むも、着陸待ちなのかなかなか離陸せずタクシーウェイで待機している あと機内がやけに暑く、汗が噴き出してくる 離陸すれば涼しくなるのかな、などと考えていた ・定刻をしばらく過ぎてやっと滑走路に進入し、離陸のサインが点灯するが、なぜかパイロットがエンジンのスロットルを上げない 滑走路を徐行で渡り切ると、不思議にもターミナルの方に引き返していく ・ここで、機内空調が作動しないトラブルが発生したという旨の機長のアナウンスがあった エンジニアが点検するのでエプロンでしばらく待機するとのこと ・その後機内では水が配られたりしていたが、30分くらい経ったところで機長から全員降機せよとのアナウンスがあった ・出発ゲートに戻り、再度待たされる この時既に1時間半が経過しており、ナイロビでのトランジット時間は3時間であるため、間に合うか?と心配になってくる ・ベンチで寝ていると、3時間ほど過ぎたところでケニア航空のスタッフがフライトをキャンセルすることを発表した 結局機材トラブルを解決できなかったとのこと 乗客が怒り狂い、スタッフに詰め寄っていた 暑い中ひたすら待たされた後でのキャンセルだったので気持ちはわかる ・本当にケニア航空には毎度トラブルがつきまとう 前回使った時も、ナイロビ空港でスーツ−ケースをどこか別の空港に送られた ・最終的にキャリアが用意したホテルに案内されることになった シャトルバス内では早くバスを出発させろという客と、残りの客を待ってやれという客の間で喧嘩が始まった ケニア人、タンザニア人、ガーナ人あたりの国際紛争になっていたが、”Can you just shut up”とか”I am wiser than you “とか、ハイクラスにも関わらず小学生レベルの口喧嘩だったのが興味深かった 聞き耳を立てていると彼らは投資家、国連関係、保険・金融関係の仕事をしているようで、アフリカ人の金持ちはやっぱりこういう職業なのかと感慨深かった ・ということで、明日の同時刻の便でキガリに向うことに

07. March 2015
Categories: FabLab | Tags: , , | Leave a comment

On the right track

3/6 (Fri) ・やはりガーナの一般的な人々の経済的な問題は深刻であると思った FabLabの生徒も経済的な面でラボから足が遠のいている ・エドワードは両親が亡くなって学費が払えなくなり、TTIを中退した 地元のスーパーで働いているのをたまたま目撃したTTIの先生が学校に連れ戻したとのこと ・学校でも最優等の成績であり、期待の星でもあったヘンリーも、学費が払えないために工科大学に進学できず、地元で働いている ・アブーが昔言っていた、ガーナではいかに才能があって努力を怠らない人間でも、恵まれた家に生まれないと出世できないと言っていたことが思い出される ・やはりFabLabからの事業創出が求められているという念を新たにした ・タコラディを後にし、アクラへと向う ・Kumasi PolytechのAddoさんと国際見本市(International Trade Fair)の会場で再会する ・見本市ではJETROブース(ナイジェリア事務所)やGRATIS foundationのブースもあった ・Addoさんは現在300W程度のソーラーパネルのインストレーションを受注している パネルは1000GHCと言っていた(インバータ、ディープサイクルバッテリー含む?) ・Addoさんが計画中のビジネスについて話を聞く スターリングエンジンによる排熱発電の話が出た ・夜はJICA職員(インフラ、産業振興)、JETROからの出向の方、アイシーネットなど開発コンサルの人たちと夕食を食べた ・現地法人の設立について質問するも、ガーナでの登記プロセスに明るい人はいなかった ヨシケントラベルの社長と話してみてはというアドバイスを受けた あとはナイジェリアのJETROラゴス事務所など ・話を聞いていて、やはりガーナにおいて外国人が戦う上では、何かしらの強い権力とのコネがないと難しそうだという印象を受けた ガーナの文化紹介などを行なうNGOや、在京ガーナ大使館に飛び込み営業でコネをつくっていけというアドバイスを受けた

06. March 2015
Categories: FabLab | Tags: , , | Leave a comment

今回のまとめ

3/5 (Thu) ◯その1 ・タコラディでの最終日 ユーザーテストにあてる ・朝、副校長であり、元FabLabディレクターのエマニュエル先生に挨拶しに行ったときに、そういえば最近PhDとりました これからはDr. Shoheiですというと、飛び跳ねて喜んでくれてこっちも嬉しくなった これからのアフリカでの戦いに良い影響を及ぼすことを期待する ・まずTTIの目の前にあるGod is Love Chop barに行く ・ダグラスのアドバイスで、最初から機械を持っていくのではなく、まずマネージャーと話をつけてから改めてマシンを持っていくことに ・マネージャーを呼んでもらう コミュニケーション能力の高いStephen(というもののガーナ人は全般的にコミュニケーションが極めて上手)がコーディネートしてくれて助かった ・マネージャーはひとしきり話を聞いた後、さらに上のマネージャー(おそらく一番偉い人)を呼びに行った ・機械の説明をすると、なかなか興味深く聞いていたようだった ・衝撃の事実が判明するのだが、数年前にTTIのOBの学生がフフパウンダーを開発して、このレストランに納入したとのこと! ・現場を見せてやる、といって裏口からレストランの内部にいれてもらう 良い展開 ・マネージャーいわく、昔TTIの学生が作った機械は、買って使ったもののすぐに動かなくなり、現在は放置されているとのことだった 見ると、自分の開発したパウンド式ではなく、ミリング式のものだったが、両者を折衷したような、初めて見るデザインだった なかなかクリエイティブな代物で、TTIの学生やるじゃんと思った ・しかしこの一件があってから、TTIで作られたフフ調理器には少しdisappointedな様子だった TTIの学生は頑張ったのに、少し勿体無い気はする ・説明を受けた後、別室に案内されると、さらに衝撃の事実が明らかになった なんと、フフ調理器を所有していた!しかも2台!両方ともミリングタイプで、デザインが微妙に異なっていた 一台は新たに購入したものらしい 価格は2,700GHC。 じゃあEffia Kumaで見た、God is Loveにフフを納入している機械は何だったんだ?と疑問が生じた Stephenに尋ねると、自分も混乱していると言っていた Stephenはもしかすると、Effia Kumaのおじさんの勘違い(?)もあるかもしれないと言う インタビューの信ぴょう性が疑われる事案だったが、自分が解釈するに、「ごくたまにGod is Loveからフフを買いに来ることがある」ということだと思われる ・Chop barを後にし、ラボでStephen、ダグラスと議論する ◯その2 ・Chop barでの聞きこみ調査で明らかになったことは、早く大量にフフを作れることがニーズであり、パウンド式のマシンはあまり求められていない、とのことだった ・しかし、今回の機械のターゲットはそこではない 最終工程でフフを成形するときに必要なパウンドを自動化することが機械の目的であり、そこにニーズがあるかが焦点である ・攻めるべきは調理場のおばさんたちだが、今回の機械の完成度ではそこは攻められなかった 理想的なシナリオとしては、調理場のおばさんたちに「これは便利!マネージャーこれ買って」という声を挙げてもらうことで、マネージャーを納得させることである ・そのおばさんたちをうならせるためには、きめ細やかな速度制御や、安定性など、もう少し機能的に詰める必要がある ・そうこうしていると、TTIの先生方がラボに物色しに来た。意見を聞きたい、というと、デモが無いとわからない。話はそれからだ、と言われる。これまではここで終ることが多かったが、実際に動かしてみせると「おお、本当に動いてる!これはすごい!素晴らしい機械だ!」で終わった。コンテンツとして消費してくれるな(単にネタとして楽しまないでほしい)と思う反面、やはり動く機械を見せることはガーナでは大事だと認識した、 ・デモを「デバ(大規模な展示会)」でやって意見を問え、という意見をもらった どうやってメディアに周知したものかと思案していたが、こういう場でお披露目をするのが定石らしい 次のデバは5/1のメーデーにあると聞いた また、年に1回の別の展示会もアクラで開かれると聞いた ・服飾科のおばさん先生が機械が動いてるのを見て「テクノロジー!」と言ったのが面白かった ・両サイドのレールにローラーをつけて滑らかに滑らせろという機能的なフィードバックが一番多かった ・ミリングタイプではない、パウンド式(Natural … Continue reading

05. March 2015
Categories: FabLab | Tags: , , | Leave a comment

一号機の完成

3/4 (Wed) ・明日は学期末休業で学校が休校になるので、今日が最後の作業日になる ・レーザーカッターでコントローラボックスを作成した ・朝食のパイナップルを学校近くの露店で買っていたら、少年が声をかけてきた 何を言ってるか聞き取れなかったので何度も聞き返すと、お姉さんが中国人のあなたと友達になりたいから電話番号聞いてこいと言われたとのこと。周りを見渡すとそっぽを向いてる女の子がいた。意味不明だったけど一応電話番号教えたら、昼夜を問わず一日中無言電話をかけてきた。本気でやめてほしい。 ・溶接科のエマニュエルにひたすらアーク溶接をお願いする 今回は彼がいなかったらプロジェクトが成り立たなかったので感謝である ・モータにはめたアルミカップリングにネジが切ってあったので、ボルトをシャフトに溶接してカップリングを作成する ・試運転すると、モーターが滑っているようである ・モータの回転軸を見ると、アルミのネジが完全になめられていた ・普通は旋盤でカップリングを作ることを考えるが、モータの回転軸とドライブシャフトを直接溶接することにした 軸が出るかが不安なのと、モータへの温度の影響が心配されるため、比較的あり得ない解決策だが、時間がないのでやむを得ない ・コントローラで速度を調節して運転が可能になった が、テスト中に急にモータが動かなくなった ・溶接時の高温によってモータが焼損したか、過負荷でブラシが焼き切れたことを疑う ・モータのシャフトを切断して、予備で持ってきていたモータに交換することにした しかし、交換前にバッテリを直結してテストすると両方とも動いた。すなわちモータは壊れていない ・トラブルシュートした結果、モータのドライバICの過電流による焼損が疑われた。乗用車用の40Ahのバッテリを使ったことが仇となった可能性がある ・ここで機械科のクロードが出てきた カップリングを作ってやると意気込んで、旋盤を動かしにいった もう一日早く手伝ってくれればと愚痴も言いたくなるが、一週間に一度しか電気が来ないために機械科の設備が使えなかったので、やむを得ない ・旋盤チームは時間がかかりそうだったので、こちらは溶接オンリーで進めることに ・停電ギリギリになって一応完成したが(18時丁度に停電!)、機構の精度が低すぎて、人間の補助が必要といった有様である ・いずれにせよ、第一試作機は完成した 全力は出しきった ・明日はこれを使って近隣のレストラン等に対してユーザーテストを行う

04. March 2015
Categories: FabLab | Tags: , , | Leave a comment

機構変更

3/3 (Tue) ・筐体を溶接した後、ウィットウォース機構が上手く作動しなかったので当初の往復スライダクランク機構に戻す ・同時に往復する長さが足りなくなったので、モータに直結するアームの長さを増やす ・さらに重心を考慮してスパン方向の軸長を増やしたため回転軸回りの慣性モーメント(+杵の引き上げ時の曲げモーメント)が上昇し、ワイパーモータの最大トルクで駆動できなくなった 機構のガタも機械効率を下げている ・アーム長さを減らし、リンク機構をアクリル板に変更することに 重量計が無いので金属シャフトを使って天秤を作って計量する技を見出した ・アクリルは密度こそ鋼材より小さいが、長さにつれて反りが増えるので、重ねて使うことに 結局バンドルしたアクリル板を実際に計量してみると、鋼材の方が軽いという結果になってアクリルは却下された ・ここにきてアイザックが木材を使うことを提案したので、木材をノコギリで加工する ・機構を変更して再度組み立てるも、結局アームの長さがネックになってうまく回転しない これ以上アームを短くすると、フフを突くのに支障が出るのでこれ以上は短くしたくない ・このまま行くか決断を迫られたが、やはりワイパーモータは負荷時の回転数が低いので、日本から持っていったギヤードモータにまた戻すことに ・再度リンク機構を分解する 分解と言っても鉄をノコギリでひたすら切断するので相当な重労働である 手伝ってくれていたアイザックとエマニュエルがへとへとになっていたので、作業は明日に持ち越すことに

03. March 2015
Categories: FabLab | Tags: , , | Leave a comment

miscellaneous

3/2 (Mon) ・筐体組み立て ・過去数年やってきたなかで、一番タフなことの原因がわかった 口は達者な彼ら(功罪が半々)をどうやって手を動かすところまで持っていくか、ということ ・議論には参加するし、俺がその加工やってやると口ではいうが、実際にはやらない そこにボトルネックがあるからいつまでたっても製造業が生まれないのではとも思ってしまう あるいは階層化された教育機関の組織だけの話なのか ・失敗を許容する文化がない。失敗すると囃し立てられる。そこで偉くなるのは、実際には手を動かさずに口だけでのし上がる人。実際に手を動かすと化けの皮が剥がれる。 ・Ask for permissionの文化から、Beg for forgivenessが認められる風潮にしないといけない。 ・溶接科の先生に、ちょっとずつ加工するんじゃなくて、最初に全部の図面を持ってきて、一度に加工しろと言われる ・教科書にはそう書いてあるかもしれないが、残念ながらそれはここの現実には合っていない 先生は学校で加工を教えていても設計の経験がないので、まず試作という概念から理解してもらわないといけない ・特にここガーナでは材料に制約があるので、当初の理想的な設計は往々にして変更を迫られる また、その設計は必然的にブリコラージュである すなわち、設計解は材料の新たな発見とともに動的に更新される ・設計の議論において難しいのが、「試作だからここは不要」という点をどこで切るか。例えば臼を固定するピンは試作においては必ずしも必要でなく、あれば便利という程度の機能である。ただしそれを溶接してしまうと、組み上げた後の杵の位置の調節が効かなくなるというデメリットがある。 ・この機能は不要だと納得してもらいたいが、口が達者な方の先生は議論では譲らない。 ・最初は泳がせておいて、製作中にその制約(杵の位置調節の要求)が顕在化(目で見えるようになる)した時に、「それとなく」「ここは要らないんじゃないか」という必要がある 一旦引いて、その後うまく落とし穴にはめないといけない

02. March 2015
Categories: FabLab | Tags: , , | Leave a comment

ワイパーモータを動かす

3/1 (Sat) ・ワイパーモータの動作チェック

01. March 2015
Categories: FabLab | Tags: , , | Leave a comment

フレーム組み立て

2/28 (Fri) ・寝不足と日射病か重なったかわからないが、偏頭痛がする一日だった ・溶接科の学生のクリストファーにアーク溶接を手伝ってもらい、フレームを組み立てた

28. February 2015
Categories: FabLab | Tags: , , | Leave a comment

高等教育の状況

2/26 (Thu) ・早起きしてホテルで作業していると、朝6時にホテルの従業員がランドリー必要かと尋ねてきた なんでこんな朝早くにと思うと、同じホテルに泊まっている(出稼ぎ?)インドネシア人グループの同僚だと思われたらしい 港湾労働者の朝は早い ・洗濯物はないというと、タバコ持ってないかと部屋に入ってきた なんだこの人と思った ちなみに物腰はすごい丁寧だからよくわからない ・TTIの教員だと伝えると驚いた様子で、自分も学校に行きたい コンピュータ等の何か職につながるスキルを学びたいのだと訴えてきた 彼は20歳のラッシズと名乗る青年で、高校を卒業した後、進学を夢見てこのホテルで働き、学費の費用をためているらしい 5:00-14:00のシフトで月収は200セディ(7,137円)。ちなみにホテルは一泊で355セディから。 ・すかさず自分のところで働かないかと声をかけ、今回のプロジェクトを説明する ・いつから雇ってくれるかと言われて少しお茶を濁したが、彼と話をするうちに、こういうスキルを身につけて仕事をしたい人は潜在的にかなり多くいそうだということがわかった ・参考までにスティーブンにTTIの学費を聞いてみると、年間3タームで、1タームが150セディ程度らしい 夜間制の方は全日制より高くなっている ・この学費は1月の給料程度と考えられるが、そんなに高い額ではないという認識らしい というのもこの学費の中には新校舎の増築・建設費用も入っているとのこと 政府の管轄の学校の建設費用を学生が負担するというのは驚きだった ・話が飛んで、アメリカに留学しているFabLabのアブーは修士の学位留学だと聞いた ガーナ国内では大学に行っておらず学部での留学だと思っていたので、めでたい知らせだった(2015.8.15追記:FAB11で本人に聞いたら学部の留学と言っていた) ・ちなみに修士の取得はガーナでは通常コースが2年あって、次の2年で論文を仕上げる感じらしい 修業年限を短く終えるためには指導教員の手腕が大事だと言っていた これはどこでも同じかもしれないが ・ガーナの大学ではドクターはほとんどオファーしていないようで、PhDホルダーはほとんど海外の大学で取得する形らしい これはバングラデシュにいた時も似たような状況だった ・スティーブンも、もしできれば今後IT系の専攻で修士をとりたいと言っていた  何かスカラシップ的な情報があれば教えて欲しいとのことだったので、神戸情報大学院大学に途上国からの留学生を募集しているプログラムを紹介しようと思ったが、海外留学までは考えていないとのことだった(追記. 引き続き留学先を探している模様) ・鋼材、シャフトをココンペに買いに行った ・溶接科の設備で鋼材を切断した ・溶接科にはガス溶接設備もあるとのこと アークしか使ってなかったのは費用の問題か ・電気がないないとも言ってられないので、120Ahのシールドバッテリを購入してインバータで逆変換するシステムを構築した こんなでかいシールドバッテリを初めてみた

26. February 2015
Categories: FabLab | Tags: , , | Leave a comment

ココンペ再訪

2/25 (Wed) ・朝3時に蛇口から水がしたたる音で目が覚めた 飛び起きてバケツとポリタンクに水をため込む ・朝レストランでモーニングのトーストにカビが生えてた アクラで会った国連WFPの職員がカビには気をつけろと言っていたので食べるのをやめた ・今日は一日中電気が無いのでホテルに移動して作業する ・ココンペに資材の状況確認に行った ・TKというお兄さんが案内してくれた 小室さんと突っ込みたかったがやめた ・TKは中国人のボスがいるといっていた 多分中古部品を卸に来る中国人だと思われる 写真でご尊顔を拝見した所、教育を受けたらしき層の顔だった ・TTIの教員だと名乗ったら対応が良くなった どの途上国でも教員は安月給だが、尊敬される職業である ・どうやらPracticalという単語が現地では「実験プロジェクト」というニュアンスらしい 今まで資材を調達する際は何に使うんだ(何のスペアパーツなんだ)と聞かれて困っていたが、この単語は説明に便利そうである ・TKいわく、「TTIは世界でも有数の工業高校だ。ただ昔の方が学生の質が高かった」とのこと ・やはり産業の受け皿がないことに現地の人たちも深刻な問題意識を持っている TKの弟もTTIの電気科で学んだが、学んだことを活かした仕事にはついていない TTIで学んだ人間がタクシードライバーをやらざるを得ない世の中は間違ってるとのこと ・TK自身もケープコーストでgeneral artsを学んだが、ココンペで有機溶剤などの物売りをやって暮らしている 自分は法律関係の仕事につきたかったとのこと ・所望の矩形パイプの在庫を確認できた 20フィートで16セディ。 ・ジャンク屋でワイパーモータを入手した ・ココンペでは総じていい感じにコミュニケーションできた 3年前に初めて行ったときに写真をとっていたら、怒鳴られて追い出されたことを考えると隔世の感がある

25. February 2015
Categories: FabLab | Tags: , , | Leave a comment

← Older posts